鷹狩りの歴史

鷹狩りは中央アジアの遊牧民がはじめたといわれている。

「日本書記」に鷹狩りについての記述があり、
日本へは4世紀ごろ伝わったようだ。


また「万葉集」に鷹狩りの歌があることから、
7~8世紀には国内に広がっていたと思われる。

その後、貴族や武士の間に広まり、
公的行事に取り入れられるなど、 近世まで盛んに行われたが、
明治に入り次第に衰微していった。

一方、このような歴史とは別に、
東北の山の民の間で生業として鷹狩りが行われてきた。

松原英俊は、この流れをくむ最後の鷹匠(たかじょう)である。


コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。