鷹狩りとは

古来より、さまざまな地域で受け継がれてきた鷹狩りの歴史をご紹介します。





鷹狩りの訓練
東北に伝わるクマタカを操る狩りは、冬の雪山が舞台となる。 木々が雪で覆われれば道がないところも歩けるし、獲物は逃げ場を失うからだ。 獲物はおもにウサギだが、 最大級の猛禽であるクマタカは、ときにはキツネやタヌキにも襲いかかり、 強靭な足と鋭い爪
鷹狩りの歴史
鷹狩りは中央アジアの遊牧民がはじめたといわれている。 「日本書記」に鷹狩りについての記述があり、 日本へは4世紀ごろ伝わったようだ。 また「万葉集」に鷹狩りの歌があることから、 7~8世紀には国内に広がっていたと思われる。