イタチの最後っ屁

もうかなり前になりますが、
ある晩、飼っていたニワトリがすごい悲鳴をあげて鳴き出したんです。

これは何かに襲われているんじゃないかと思って
懐中電灯をつけてニワトリ小屋に行ってみると、やはりある生きものに襲われていたんです。



その生きものは何だったと思いますか?

それはイタチだったんです。

わたしは「コンチクショー」と思って、そのイタチを素手で捕まえたんですが、
みなさんは“イタチの最後っ屁”って聞いたことありますか?

イタチは敵に襲われると臭いおならを出して
身を守る習性があるといわれているんです。

わたしが読んだ本には、猟犬がイタチに襲いかかったら、
イタチが最後っ屁を出して、
あまりの臭さに犬が転げまわって苦しんだ、って書いてあったんです。


ところが実際にイタチを捕まえてみると、
手の中で暴れはしましたが、臭いおならは全然しませんでした。

わたしはその後も何度かイタチを生け捕りにしましたが、
臭いおならは一度も出された経験がありません。
ですから、本に書いてあることは本当なのか、
ちょっと疑問に思っているんです。

1回目から変な話をしてしまいましたが、
このコーナーでは、自然や動物のことを中心に、私自身がお伝えするコーナーです。

また立ち寄ってください。


                        
松原英俊

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。